濡木 理

nureki2.jpg

教授 濡木 理 (ぬれき おさむ)

学歴

1984年
私立武蔵高校卒業
1984年
東京大学教養学部理科II類入学
1988年
東京大学理学部生物化学科卒業
1988年
同 大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程入学
1990年
同 博士課程進学
1993年
博士(理学)(東京大学)取得

研究歴

1992年
日本学術振興会特別研究員DC2
1993年
日本学術振興会特別研究員PD
1994年
理化学研究所基礎科学特別研究員
1995年
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 助手
2002年
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 助教授
2003年
東京工業大学大学院生命理工学研究科生命情報専攻 教授
2008年
東京大学医科学研究所基礎医科学部門染色体制御分野 教授
2010年
東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 教授
現在に至る

賞与

平成11年
日本結晶学会進歩賞受賞 受賞
「アミノアシルtRNA合成酵素のX線結晶構造解析」
平成17年
手島工業教育資金団手島記念研究賞 受賞
「鋳型非異存的RNA重合反応の構造基盤」
平成19年
手島工業教育資金団手島記念研究賞 受賞
「Snapshot of tRNA sulphuration via an adenylated intermediate」
平成19年
平成19年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門) 受賞
「高精度な化学反応を触媒する酵素の反応機構の研究」
平成20年
第5回 日本学術振興会賞 受賞
「遺伝暗号翻訳の動的機構の構造基盤」
平成21年
平成21年度 持田記念学術賞 受賞
「遺伝暗号翻訳と生体恒常性に働く多機能タンパク質の分子機構の解明」
平成22年
第18回 木原記念財団学術賞 受賞
「遺伝暗号翻訳とタンパク質合成のメカニズムの構造基盤」
平成23年
第27回 井上学術賞 受賞
「遺伝暗号翻訳とタンパク質合成のメカニズムの解明」
平成23年
平成23年度 日本結晶学会学術賞 受賞
「遺伝暗号の翻訳とタンパク質合成機構の構造基盤の解明」
平成25年
平成25年度 上原賞 受賞
「細胞膜輸送の分子機構の解明」
平成26年
平成26年度 武田医学賞 受賞
「細胞膜を介した物質輸送の分子機構の研究」

スタッフ一覧