Member/Staff/Shihoya

Member/Staff/Shihoya

研究員 志甫谷 渉(しほや わたる)

学歴

2008年
北海道札幌南高校卒業
2008年
京都大学理学部入学
2012年
京都大学理学部卒業
2012年
名古屋大学大学院創薬科学研究科入学
2014年
同 博士課程進学
2017年
博士(創薬科学)(名古屋大学) 取得

職歴

2015年
日本学術振興会特別研究員DC2
2017年
日本学術振興会特別研究員PD
現在に至る

発表論文

  1. "X-ray structures of endothelin ETB receptor bound to clinical antagonist bosentan and its analog."
    Wataru Shihoya, Tomohiro Nishizawa, Keitaro Yamashita, Asuka Inoue, Kunio Hirata, Francois Marie Ngako Kadji, Akiko Okuta, Kazutoshi Tani, Junken Aoki, Yoshinori Fujiyoshi, Tomoko Doi, Osamu Nureki,
    Nat. Struct. Mol. Biol, (2017 (AOP)).
  2. "Activation mechanism of endothelin ETB receptor by endothelin-1."
    Wataru Shihoya, Tomohiro Nishizawa, Akiko Okuta, Kazutoshi Tani, Naoshi Dohmae, Yoshinori Fujiyoshi, Osamu Nureki, Tomoko Doi,
    Nature, 537 363–368 (2016).

日本語記事

  1. "エンドセリン受容体B型とその拮抗薬との複合体の結晶構造"
    志甫谷 渉, 濡木 理,
    ライフサイエンス 新着論文レビュー, http://first.lifesciencedb.jp/archives/16962 (2017).
  2. "エンドセリン-1との結合によるエンドセリン受容体B型の活性化における構造基盤"
    志甫谷 渉, 西澤 知宏, 濡木 理,
    ライフサイエンス 新着論文レビュー, http://first.lifesciencedb.jp/archives/14274 (2016).

プレスリリース

平成29年
  「肺動脈性肺高血圧症の治療薬ボセンタンの作用機構を解明」
   https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2017/5492/

平成28年
  「血管収縮因子エンドセリンの受容体初期活性化機構を解明」
   https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2017/5492/

賞与

平成29年度
第14回GPCR研究会松尾研究奨励賞

平成28年度
名古屋大学学術奨励賞
第16回日本蛋白質学会若手奨励賞
第7回日本学術振興会育志賞

平成22年度
京都大学総長賞

スタッフ一覧