トップページ

濡木研究室では,生命現象を原子分解能レベルで理解することを目的として研究をすすめています.

Cpf1_15.jpg

我々の研究室では, 生物学的に重要な生体高分子(蛋白質・核酸)の立体構造をX線結晶構造解析により決定することを第一目標として研究を進めています. そしてさらに,解明した構造から得られる知見を実証するために, in vitroおよびvivoでの機能解析等も行っています. 最新の研究成果をまとめたプレスリリースはこちら.

ニュース

16/12/2
第39回日本分子生物学会年会で修士一年井爪さん、修士二年平野清一君、修士二年加藤君がポスター賞を受賞しました.
16/12/2
博士2年 糟谷君・卒業生 平泉君らによる一価陽イオンチャネルTRICの構造・機能に関する論文がCell Researchに掲載されました.
16/11/29
西増助教らによるCRISPR-Casヌクレアーゼに関するレビュー論文がCurr Opin Struct Biolに掲載されました.
16/11/27
第54回生物物理学会年会で修士二年富田君が学生発表賞を受賞しました.
16/11/18
日本結晶学会年会で博士二年山田さん、博士二年山野君がポスター賞を受賞しました.
16/11/15
中根研究員によるシリアルフェムト秒結晶構造解析に関する論文がProc Natl Acad Sci U S Aに掲載されました.
16/10/10
博士2年 大村君らによる細胞内免疫受容体DDX41の構造・機能に関する論文がSci Repに掲載されました.
16/10/06
卒業生 松本君・西増助教らによるSiwiの構造・機能に関する論文がCellに掲載されました.
16/9/27
日本生化学会大会で博士二年山田さんが若手優秀発表賞を受賞しました.
16/9/05
博士3年 志甫谷君・西澤助教らによる血管収縮因子エンドセリン受容体の構造・機能に関する論文がNatureに掲載されました.
16/8/08
博士2年 森田さんらによる植物ホルモンTDIF受容体TDRの構造・機能に関する論文がNat Communに掲載されました.
16/7/15
卒業生 加藤一希君・西増助教らによる受精に関わるJUNOの構造・機能に関する論文がNat Communに掲載されました.
16/7/2
RNA2016で博士二年山田さんがポスター賞を受賞しました.
16/6/9
日本蛋白質科学会年会で修士二年宮内君、博士二年糟谷君がポスター賞,修士二年平野央人君が若手奨励優秀賞,博士三年志浦谷君が若手奨励賞を受賞しました.
16/5/30
卒業生 土屋君らによるアミノ酸排出輸送体YddGの構造・機能に関する論文がNatureに掲載されました.
16/5/5
博士2年山野君・西増助教らによるCRISPR-Cpf1の構造・機能に関する論文がCellに掲載されました.
16/4/11
博士2年 糟谷君・服部さんらによるATP受容体P2Xの構造・機能に関する論文がProc Natl Acad Sci U S Aに掲載されました.
16/4/4
卒業生 加藤一希さんらによる脂質メディエーター産生酵素オートタキシンとその阻害剤であるDNAアプタマーの構造・機能に関する論文がNat Struct Mol Biolに掲載されました.
16/3/17
修士1年 平野清一君・西増助教らによるCRISPR-Cas9改変体の構造・機能に関する論文がMol Cellに掲載されました.
16/2/18
博士1年 森田さんらによるコリン産生酵素ENPP6の構造・機能に関する論文がScientific Reportsに掲載されました.
16/2/10
修士1年 平野央人君らによるCRISPR-FnCas9の構造と機能改変に関する論文がCellに掲載されました.
16/2/2
博士1年 糟谷君らによるATP受容体P2Xの構造と機能に関する論文がCell Reportsに掲載されました.
15/12/1
中根研究員らによるXFELを用いた位相決定に関する論文がActa Crystallogr D Biol Crystallogrに掲載されました.
15/10/13
博士1年 谷口君らによる鉄輸送体ferroportinの構造と機能に関する論文がNature Communicationsに掲載されました.
15/8/27
CRISPR-SaCas9の構造・機能に関する論文がCellに掲載されました.
15/6/26
博士1年 武本君・卒業生 加藤英明君らによる光駆動性チャネルの分子動力学シミュレーションに関する論文がPLOS Oneに掲載されました。

コンテンツ